イタチ退治はプロにお任せ~快適Lifeの強い味方~

害をもたらす

害虫駆除の歴史と変遷

屋根裏

そもそも害虫とは人に対して身体的な損害を与えたり、経済活動に対して打撃を与える厄介者です。 我が国は古くから稲を育て、米を主食として生活してきました。そんな大切な稲を食い荒らすイナゴなどは、古くから害虫駆除の対象とされてきました。 現在のように農薬を散布するようなことは無かったので、基本的には人の手で捕まえていました。 農作物に関する害虫に対して、人間へ直に害をもたらす害虫も多く存在しました。しかし、現在で見る様な害虫駆除は行われていませんでした。例えばシラミやノミなど吸血性の昆虫にも、多くの人は悩まされていました。しかしこれといった薬剤の無かった当時は、人の手で取り除くか方法はありませんでした。 現在のように薬剤などを用いて、広範囲にわたっての本格的な害虫駆除を行うようになったのは明治時代以降、我が国が近代化してからのことになります。

害虫の駆除に関する今後

害虫駆除の現状はどうなっているのか、さらに今後はどういった動きを見せるのでしょうか。 現在農作物に農薬を用いることが一般的となっており、害虫駆除の主なニーズは個人宅や商業施設がほとんどです。 また、日本の衛生環境が改善された結果いくつかの害虫は大幅に姿を消しました。 住環境の整備と衛生に対する教育などもあってノミやシラミなど、人間に寄生する害虫による被害は減りました。更に下水道の整備によって、食べ物などに群がるハエの大群も現在の日本ではほぼ見ることは出来なくなりました。 しかし一方でこれまで被害の少なかった、あるいはそもそもその周囲には生息していなかった害虫による被害が出ています。 生活スタイルの変化はもちろん、温暖化によって南方由来の害虫が北上して全国に広まったり、外国から物品などに付着して日本に持ち込まれるなどして、今までになかった被害を出しています。 こうした新たな害虫による被害は今後も発生していくと予測されることから、害虫駆除に関する知識を得るためには、国内だけでなく海外の事例も知っておく必要があります。